2017年3月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
 

 

とうとうレースドール第二作目のミッシェルちゃんが出来上がりました。

あまりの可憐さにクラクラ~。

 

P6063691

 

はじめてのお顔描きは、本当に難しく、伏せた目とはいえ、手が震えて「もう無理!」と言いそうになりましたが、がんばりました。

ミッシェルちゃんは幼い少女なので、目と眉は出来るだけ離して描くとか、眉も線で描くと老けるので、短い線を縦に重ねるように描いていくなどのコツを教わりました。

 

そうか、眉は線で描くと老けるのか・・・と早速自分のメイクにも取り入れました(笑)

 

先生によると、人形のお顔はなぜか作り手に似るそうです。不思議ですよね。

 

 

 

後姿はこんな感じ。

 

P6063690

 

 

元来不器用な上、まだコツをつかめていないのでレースのひだ寄せ(シャーリング寄せ)なども四苦八苦です。

でも楽しい♡

仕上がったときの感動もひとしおです。磁器の放つ繊細なオーラにも、いつも射抜かれます💘

 

前回の天使ちゃんと並べてみました♪

似たようなピンクに見えますが、実は違うピンクなのです。ミッシェルちゃんのほうがうすいお色です。

ピンク好きなので、ピンクばかり選んでしまうわぁ。

 

P6063684

 

 

 

次の作品は結構大きいので、また奮闘すると思います!

下、ドレスのお色を悩み中。

 

 

よっつ


2016年6月6日  9:59 PM |カテゴリー: 未分類

ブログでも記事にしましたが、八ヶ岳南麓の旅はとてもすばらしかったです。

八ヶ岳の雄大さ、どこまでも広がる高原や、樹々のまぶしいほどの緑と青空とのコントラスト。

やっぱり私は緑がないと息が詰まるというか、美しいライムグリーンが本当に好き。

 
いつもスマホの便利さに頼って、一眼レフを持っていくのを忘れます。
でもこういう風景は、やっぱり本物のカメラで撮りたかったな~。
スマホあるあるですが、遠くの景色が異常に小さく写るという難点もあるし。
今度から重くても必ず一眼レフを持っていこうと決意しました(笑)

 

 

FotorCreated

 

 

 

 

清里は一時のブームも去り寂びれたイメージかもしれないと思っていましたが、萌木の村はとても活気がありました。
私はガーデンやお花が大好きなので、ここのナチュラルガーデンには本当に大満足でした。
NHKのプロフェッショナルでも取り上げられたことのあるイギリス人のポール・スミザーさんというガーデンデザイナーの方の手によるものだということです。
FotorCreated2
FotorCreated3
農薬や化学肥料をいっさい使っていないということで、ほんまもんのナチュラルガーデン!
自生したかのような野草が色とりどりにありましたが、おそらく計算しつくされた配置かと思います。
ヨーロッパの品種の珍しい花もたくさんあり、イングリッシュガーデン大好きの私は、とても癒されました。
ですが、もっとナチュラルな感じでターシャの庭のような感じかもしれません。
東京から車で2時間くらいなので、これからも都度都度行きたいです。
長野・山梨LOVE
よっつ

2016年5月9日  5:27 PM |カテゴリー: 未分類

 

この間、外出して最寄駅に帰ってきたら、ぐるぐると子供たちが迎えに来てくれていました。

思いがけないとこで、よく知っている顔々が目に飛び込んできて、なんかすっごくうれしかった。

「ママをびっくりさせてあげよう!喜んでくれるよ、きっと!」という愛情が伝わるな~。

 

そのまま4人で駅ナカのお店をぶらぶらショッピングして、ちょっとしたもの子供たちに買ってあげたりなんかして。

日常のささやかなシアワセを堪能。

こういうのが、私にとっての本当の幸せなんだな~と思います。

 

どこかにわざわざ行くと、せっかく来たんだから楽しまないと!的な気負いがやっぱりあるのだと思います。

そういうのがまったくなくすごーーくナチュラルな感じでほのぼのじわじわ系の幸せっていいな。

 

話変わりますが、「ズートピア」観ました。

最後は感動して涙しました。

とても奥深いメッセージをたたえたすばらしい映画だと思いました。

 

歌もなんだか口ずさんでしまう曲ですね。

娘もノリノリで歌っていました♪

 

1460616509070

 

ディズニーはいつもそうですが、動物たちの表情が豊かですよね。

映像も美しかったです。

 

 

庭の薔薇がもうすぐ咲きそうです。

でも今はまだスミレとコデマリの競演かな。

 

IMG_1620

 

よっつ


2016年5月2日  11:44 PM |カテゴリー: 未分類

子どもたちが段ボールでロボットとキッチンを作りました。

 

 

息子の人柄がにじみ出たような何とも優しそうな表情のロボットたち。

IMG_1624

 

 

IMG_1626

 

 

そして、娘も得意の創作能力を活かした、ディティールにこだわったキッチン 笑。

 

 

IMG_1625

 

そして、このロボットとキッチンのネーミングを募集しようということで、子どもたちが募集要項を作成しました。

 

IMG_1634

 

IMG_1633

 

 

 

 

投票期間が結構長く、一日2案ぐらいを毎日投票するように求められました。

 

 

娘は「思いついた時に書くだけでいいから」と言いつつも「あぁ、今日はまだ誰も投票していないか・・・」などとつぶやかれ(笑)、何とか考えて投票すると今度は「皆、黄色の紙に書いて、こっちの緑の紙では誰も書いてくれてないな・・・」と色んな用紙で満遍なく投票することを求められ、なかなかの強制度合いでした(笑)

 

 

僕は息子の方は、○○ロボ的なものをたくさん考えて、娘にはキラふわキッチンとか、マリアージュキッチンとか、キラデコ系の喜びそうなものを考えました。

 

一人20個ぐらいの案を僕もよっつも考えました。

 

 

子どもたちも考えて投票したのですが、娘のロボットの案がとてもかわいくて、思わず笑みがこぼれました。

 

IMG_1635

 

 

まだまだ幼いね。

 

 

そして、満を持してというか、ようやく長い(強制?)投票期間も終わり、それぞれのネーミング決定されました。

 

 

「スーパーりゅうぴっと」

IMG_1624

 

 

 

「りゅうりゅうロボ」

IMG_1626

 

 

息子は自分の名前が一部入っているのがお気に入りのようです。

 

 

そして、娘のキッチンは、

 

「ハッピーキッチン」に決定。

IMG_1625

 

 

 

きらフワとか、マリアージュとかより、シンプルなのがいいんだね。

娘の「世界中の人を笑顔にしたい」という常日頃の思いが反映されたようないい名前です。

 

 

そして、何と選ばれたのがすべてよっつ案のネーミングでした。息子には、気を利かせて一つぐらい妹の案も採用してほしかったところですが、そこは子ども、ありのままで、素直に気に入ったものを選ぶんですね。

 

 

そして、ロボットとキッチンがこの世に誕生して以来、かれこれ10日ほど、まだこのロボットやキッチンは置かれているのですが、問題はいつ処分するか・・・です。

息子にいたっては「このロボットは命を懸けてでも守る!」ほどの思い入れらしく、(その割には放置状態なのですが・・・)、

大きくなって実家を出る時に一緒に持っていきそうな勢いなので、どうしようかと思案中です。

 

 

しばらくはロフトにでも置いておくしかないか・・・

 

なにわともあれ楽しい思い出ができました。

 

 

ぐるぐる


2016年4月27日  2:26 PM |カテゴリー: 未分類

 

買い物はたいていネットショッピングです。

リアル店舗では、なかなか自分の好みのものがないのです。

ヴィクトリア朝のものが好きです。

 

 

でも吉祥寺や自由が丘にあるこちらのお店は、いつ行っても必ず好みのものがあって、長時間滞在してしまいます。

今回も好みにぴったりなものを見つけました!

 

 

まずは、レースのサシェ。ローズの香りがすばらしく甘やかで、タッセルまでついていています。

 

IMG_1606 ちょっと生成りっぽい繊細なレースが超好み。

 

 

 

めずらしいハート型のレース。アンティークのハート型のピルケースと並べてみました。

 

IMG_1608

 

 

 

12年前にレーシックをして0.01だった視力が1.2にまで回復しましたが、数年前より0.8くらいになったので、テレビを観るときだけメガネをかけています。

今までは購入したときにもらった眼鏡屋さんのケースだったけれど、今回かわいいものを見つけました!

 

IMG_1605 パリジェンヌの香りがするわ♡

 

 

こういう何気ない小さな雑貨を好みのものにするだけで、テンション上がります。

幸せ♡ってやつですね。

 

IMG_1609 紙粘土で娘作。『しあわせ』って書いてます。

 

 

 

よっつ


2016年4月23日  6:05 PM |カテゴリー: 未分類

レースドールのお教室、月1回ペースで先月から通ってます。

本当はせめて月2回くらいは行きたいのだけど、今、ちょっと忙しいので 😉

ちなみに2月に体験レッスンで作ったのが、こちらの「おねむり天使ちゃん」。

 

IMG_1468

 

 

 

そして先月から制作中の「ミッシェルちゃん」は、今、こんな感じです。

 

IMG_1575

 

 

この後、先生が焼成してくれるので、来月には綺麗に色が出ていると思います。

そしてまた作業して、また焼成して・・・と(まだ何をするのかわかってませんが)、かなり手がこんでいます。

足元に転がっている小鳥さんも手に乗せます。

 

レースを付けているときに、軽く手がミッシェルちゃんの左手に触れたのですが、それだけで腕が途中から折れ落ちました。(焼成すると強くなっていくんですけどね)

よくあることみたいで、事前に注意も受けていたのに、まさかこんなに早くやってしまうとは!

でもこういう失敗を経て、感覚を覚えていくようです。

腕が落ちて「わゎ!」と叫んだけど、周りの方々は「あらあら」という感じで至って平静で、先生も魔法のように素早く新しい腕を出してくれてました。

 

次は初めてのお顔描きがあるので、ドキドキです。

でも目を伏せているお顔なので、まだマシか。

 

それにしても、美して大好きな物を作るって本当に楽しい!

 

ところで、この間、帰省したときに義姉がカルトナージュで作ったペルメルをプレゼントしてくれました。

しかもジュイ柄!!

何を隠そう、私はジュイ柄のカルトナージュもネットでさがしまくるほど好き♡

 

トワルドジュイとは、200年以上にも渡って多くの人々を魅了し続けいているフランスの伝統的なデザイン・生地のことで、現代では、18世紀頃の人物・風景、神話、天使(時に花などの植物柄)がモチーフになった主に2色使いのデザインの布や柄のことをいいます。
18世紀フランスのロココ調絵画を思わせるようなデザインが多いのも特徴の一つです。(引用させていただきました)
20638567 258038

ジュイ柄のカーテンやソファ、壁紙にも憧れています。

なので今回、義姉手作りのペルメルには感激しました。

 

これです! ↓

 

 

IMG_1579 素敵やわ~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

このリボンにメモやカード、写真などを挟むのです。

ジュイ柄のペルメルは、リボンが顔を隠しても、首を切ってもダメなので難しいみたいです。

 

どんどん趣味の世界が広がっていきます。

 

よっつ


2016年4月14日  1:17 PM |カテゴリー: 未分類

実家近くで、美しい椿を見つけました。

 

IMG_1523  なんという美しさ・・・

 

IMG_1524 思わず息を飲むほどの完璧な神聖幾何学模様! 😯

 

 

椿という呼び方よりカメリアのほうが似合う、この花の場合。

ただ椿だけに葉が和風すぎるのがちょっと私の好みではないですが、花弁といい色合いといい、パーフェクトすぎて宇宙を感じました。

 

 

 

今年は雨風が多くて、典型的なお花見日和がなかなかなかったですが、少し散りすいた時期だけど、涙もののお花見スポットの根川緑道(立川市)に先日行ってきました。

 

 

IMG_1554  IMG_1560

 

大袈裟でなく、さながら桃源郷のような美しさでした。

 

桜吹雪をここまで浴びたことが、かつてあっただろうか?!ってくらい浴びました。

1時間くらいここをウォーキングして、映画の主役気分を味わいました(笑)

マジで、クライマックスのBGMでも流れてきそうな荘厳さ。

 

 

IMG_1566 まるで雪が積もったみたいな桜の花びら。

 

通りすがりのご婦人たちも「こんなの見たことないわ~」と感激されていました。分かる分かる。

満開のときより趣があってかえって美しいくらいで、これも人生と重なりました。

 

桜を見ると、なんでこんなにテンションが上がるのでしょう。

日本人の血が騒ぐのか?

きっと桜の木の波動がすごく高いのだろう!とぐるぐると意見が一致しました。

 

昨日は別の公園に行ったのですが、子どもたちも桜の花びらを集めてお互いに降り注ぎあう、という新手の遊びをやっていました(笑)

私もやってもらいましたが、枯葉や木の枝が交じっていて微妙でした 😉

 

枝垂れ桜や八重桜の見ごろはこれからなので、こちらも楽しみにしたいと思います。

そういえば、昔行った京都御苑の八重桜はかなり美しかったな~。

 

よっつ


2016年4月11日  12:15 AM |カテゴリー: 未分類

 

一足早くお花見しました。

まだまだ満開の季節ではありませんが、早咲きの桜はちらほらと。

最近急に春めいてきましたもんね。

 

IMG_1501

 

IMG_1508 IMG_1509

 

 

実はもうすぐ関西へ帰省するので、お土産にお蕎麦を買いに行っただけなのですが、意外にお花見も楽しめちゃいました♪

 

 

IMG_1505

調布の神代植物公園にて

 

 

 

我が家の庭の八重咲きのクリスマスローズも咲きました。

 

P3093617 葉の植物はヘリクリサムです。

 

 

 

話しは変わりますが、最近、WOWOWドラマにハマってます。

すごいクオリティです、題材も脚本も役者陣も。

 

amazonのプライム会員ならプライムビデオが見放題なのを思い出し、その中からWOWOWのドラマWを見繕って観ています。

 

最高におすすめなのが「空飛ぶタイヤ」。

 

51uJtlW6tXL._SS280

 

池井戸潤さんの同名小説のドラマ化で、三菱のリコール隠しが題材となっており、すごい名作なのですが民放ではスポンサー絡みで放映が難しかったのかもです。

2009年の作品ですが、最初から最後まで涙が止まらない感動作でした。

真の誠実さが問われる名作でこれは本当におすすめです。是非多くの人に観てもらいたいです。

 

他にも「尾根のかなたに~父と息子の日航機墜落事故~」「推定有罪」もとても深みのある考えさせらる作品であり、感動しました。

特に「尾根のかなたに」は突然の事故により愛する家族を失った人たちのドキュメントのようなドラマで、胸に響きまくりました。

喪失の悲しみを深く抱えている私は、こういうドラマを観て溜まっている涙をたくさん流す必要があります。

今回の人生では喪失の記憶はないのですが、あきらかに小さいときから持っているのです。

大分癒されてきたので、もう少しです(*^-^*)

 

WOWOWドラマを観ると民放ドラマが見れないと色んな人がコメントしていますが、本当に納得しました。

とにかく重厚で圧倒的なクオリティを感じます。

 

ハートに響く、気付きのあるドラマが好きです。

ドラマであっても書いているのも創っているのも演じているのも人なので、宇宙の真理が働いています。

今まで気付けなかった視点に気付けたり、愛の振幅が広がっていくようなものがもっと増えると嬉しいな。

 

よっつ


2016年3月20日  4:16 PM |カテゴリー: 未分類

デパートの洋陶磁器売り場が好きです。

昔からよく通い、美しい洋食器や磁器にうっとりしていました。

 

洋食器で特に好きなのはマイセンとヘレンド。

 

でもそれ以上に好きなのがフィギュリンです。

中でも特に惹かれるのは、アイリッシュドレスデンのレースドール。

隣のLLADRO(リヤドロ)そっちのけで、レースドールばかり眺めていました。

 

 

~レースドールとは?~

 

18世紀のドイツで花開いた西洋磁器発展の最中、  一部の王侯貴族のためだけに生み出された技術を用いた
フィギュリン(陶磁器置人形)の一種です。
 
作業工程でレースは使われますが、最後の作品に繊維は残りません。 
 
見た目には柔らかい布製の衣装をまとった人形ですが、ボディーはもちろんのこと、衣装を含め、  繊細なレース状のすべてが磁器でありやきものです。
 
(先生のHPより抜粋)
 
このダイアリーでも度々レースドールを取り上げていますが、
先日、とうとうレースドールのお教室に体験レッスンに行ってきました!!
今までこんなに好きなのに、何をためらっていたのか・・・
好きだからこそ生半可な気持ちでは取り組めないと思っていたり、自分の不器用さや面倒臭がりなところを知っていたので、繊細さと丁寧さが追及されるであろうものに着手できるのか?と危惧していたのです。
 
思い立ったらすぐに動きたいタイプなのですが、このレースドールに関してだけは本当に不思議です。
 
しかし、時は来たり。
いや~楽しかったわ~♪
 
今回一度プチ体験させてもらって、本当に良かった。
体験レッスンなので、簡単な工程だけでうまくできるようになっているし、一番の難関部分であろうお顔描きも先生がやってくださったしね。
 
レースドールは1200度の窯で何度か焼成するので、出来上がりに数週間要するけど、出来上がりを見てあまりの可愛らしさに本当に本当に感動でした。
 
 
 
お眠り天使ちゃん
P2243600
お花の配置やレースの色は自分で考えます。
レースを付けるのもやりました。
 
他のレースドールたちからも温かく迎え入れられた光景
P2243598
 
背中に羽もついてるよ♪
P2243599
ちょっとこの可愛らしさ、美しさ、ヤバくないですか?
 
子どもたちからも好評で、「次は何作るの?ドレスの色は?」と何回も聞かれました。
 
アイリッシュドレスデンのレースドールは、お顔が大変残念なことになっている場合が多く、「ああ、ドレスは素敵なのに惜しい!」といつも思っていました。
あり得ない三白眼とか、へのへのもへじか?とツッコミたくなるものも珍しくはありません。
ですが、日本の作り手は決してそんな残念なことはしません。
お教室のレースドールも美男美女揃いでした。
 
私もがんばりたいと思います。
 
とても和気藹々とした雰囲気、でも集中しているときは瞑想状態になれるお教室に、これから通いたいと思います。
楽しみ~♡
 
 
よっつ

2016年2月24日  3:28 PM |カテゴリー: 未分類

 

昨日はバレンタインだったので、ぐるぐると一緒にチョコレートクッキーを作りました。

 

明治とガーナのチョコを1センチ角くらいに切って、それらをざっくざくに入れたクッキー。

アーモンドスライスも入れました。

そして、かわいくラッピングして息子と娘にプレゼントしました♪

普段はクッキーをそれほど食べない娘も、手作りのものは大好きです。

 

サクサクしていて、甘さ控えめのなかなかのおいしさでした!

 

今年に入って、もう三度目のクッキー作り。

毎回レシピを変えて、だんだん好みのものに近づいています。

 

 

昨年、りんごをひと箱いただいたので、それ以来アップルパイもやたらと作っています。

 

P1023582

 

手作りってやっぱり格別な美味しさですよね。

 

パイは冷凍のパイシートですが、本当に美味しいです。

昔よく母がパイを焼いてくれましたが、パイは難しいと言っていたような気がします。

今はこんな便利なものがあるので、本当にすごいなぁ。

 

アップルパイには必ずバニラアイスを添えます。

学生のとき、カナダにホームステイしたのですが、そのときに出されたアイスを添えたアップルパイの美味しさが忘れられません。

ステイ先のママに「アップルパイにはアイスを添えるのよ」と教えられました。

 

あっつあつのパイとつめた~いアイスの出会いが、衝撃でした。

今は普通に当たり前だけど、当時は衝撃だったのです。

 

料理が不得手な私は簡単なものしか作れませんが、クッキーは子どもたちに手伝わせてあげるととても喜ぶし楽しいし美味しいので、一石二鳥。

 

ただ美味しすぎて食べ過ぎてしまうのが、ちょっとね~。

 

こちらは友人からフランス土産でいただいたマリーアントワネットのレシピ本。

マリーアントワネットのフィギュリンと並べてみました(笑)

 

PC313574

 

見ているだけで女子力アップするよ~と言われましたが、本当にその通りです(笑)

 

大学時代はフランス語を選択していたし、社会人になってからも習いに行っていたのに、何て書いてあるのかさっぱりわかりません(笑)

文字通り見ているだけですが、女子力は刺激されます♪

 

 PC313576

 

よっつ


2016年2月15日  3:25 PM |カテゴリー: 未分類
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ホームプロフィールセミナー講演会個人セッション継続セッションスクール・講座ダイアリー予約状況アクセス

COPYRIGHT2012, しあわせびより。 / Shiawase-biyori  All Rights Reserved.